どれくらい?そばかすの治療にかかる費用について

紫外線や年齢によって増えてしまう厄介なそばかす

年齢のせいやUVケアを怠ったせいで何となく増えてしまうそばかすに悩んでいる方も多いことでしょう。
そばかすとは、顔の真ん中にある鼻を中心に頬に広がる直径3mmから5mmの色素斑というシミで、色白の人に多くみられるのが特徴です。
そばかすによく似ている、妊娠やピルなどの服用などの女性ホルモンの関わりが原因となる肝斑の場合には、そばかすよりも治りにくいシミといわれていて、治療方法も一般的なそばかすとは異なります。
そばかすを除去するには、レーザー治療やフォトフェイシャル、イオン導入などの方法があるのはご存知でしょうか。
レーザー治療は、色素の濃いそばかすに、レーザーを照射することによってそばかすを薄くするもので、最も多くの方が利用しています。

高い効果が期待できるレーザー治療

レーザー治療の場合には、湿疹やにきびの治療、いぼやほくろの除去などを行なっている皮膚科病院やクリニックなどの医療機関で受けることができます。
医療機関の場合でも、レーザー治療は健康保険適用外となるので自由診療となりますが、ハイドロキノン軟膏などのそばかすに有効的な治療薬を処方してもらうだけの場合には、保険適用となります。
医療機関でのレーザー治療では、比較的パワーの出力の高いレーザーを使用していることから、ほとんどの場合には1回の照射でそばかすも薄くなり治療も完了しますが、施術後に赤みが残り元の状態に戻るまでのダウンタイムがあることを知っておきましょう。
ダウンタイム後に赤みが消えてから、完全にそばかすが消えるまでには個人差はありますが、半年位の時間が必要です。
治療費は、自由診療となるため、それぞれの医療機関によって料金設定が異なりますが、両頬で50,000円ほどかかります。

© Copyright Cure Freckles. All Rights Reserved.